フリーエンジニアに進むことへの不安とは?

フリーエンジニアとしてIT業界で仕事をしていくには、収入面や将来性に対する不安はつきものになってくる。
フリーエンジニアになって自分のやりたいように仕事を進めたい反面、先々に対するリスクが高くなる。そのため、踏みとどまってしまう人が少なくない。

日々進歩をしていくIT業界で独立をするには、時間を惜しむことなく自分の能力に磨きかけることが必要だ。他にも、健康面などの将来へのリスクに備えなければならないし、仕事が将来に渡って必ず続いていくという保証はどこにもないからだ。
スキルに磨き身につけるだけでなく、仕事を請けるためには営業力も必要となってくる。
つまり自分のアピールポイントを分かり易く相手に説明したり、対価交渉を行っていく高いコミュニケーション能力が要求される。
実際にフリーエンジニアとして活躍をしている人達は、企画や経営・コンサルタント・プロジェクトマネジメントなどの中堅レベルの経験やスキルを持っている人の割合が多い。
そしてその経験を活かして培った人脈を増やしていければ、実績や信用も増し仕事も増えていくのである。

もし、独立してやっていきたいという希望があるエンジニアの人は、スキルとキャリアを極めながら将来に向けて準備を進めていかなければならない。
なぜなら、前述したように成功しているエンジニアの人達は、高い能力を持ち合わせながらも、独立やキャリアアップを真剣に考えてきた人達だからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です