フリーエンジニアにおける将来への不安

エンジニア職の平均年収は600万円程度ですが、独立してフリーエンジニアになれば800万~900万円程度を見込むことも可能です。
ただし、これは継続的に仕事が舞い込んできた場合の話しで、仕事が無ければ年収300万円以下ということもあります。
フリーエンジニアになるメリットは、独立することでより多くの収入を得られることです。
デメリットは、仕事を自分で探さなければならず、一度の仕事の報酬額が高い為に、仕事を与える側としても慎重になっていることです。
その為に、実績が無ければ仕事が舞い込んでくることが少なく、不安が募る一方になってしまいます。

フリーエンジニアの不安を解消する為には、まずは会社に所属して経験と実績を積む必要があります。
自分が関わったプロジェクトが、大きな利益を生み出すことによって、自分の市場価値も上がります。
そういった実績をクライアントに提示することができれば、クライアントとしても安心して仕事を任せられます。
そして、一度仕事を任された場合は、その仕事を本気でやり遂げて、更に評価を上げることで継続して仕事を発注してもらえます。

エンジニアを数人募集している場合もあれば、一人しか募集しない場合もあります。
一人しか募集していないということは、それだけ多くの時間を費やしてプロジェクトを完成させることになるので、自分が目指している年収と比べてから仕事を請け負うかどうかを決めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です